スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウンテンゼリー到着! 


※はるばる群馬から届きましたよ、クロネコで。ちなみに、パートIIだそうです。

第一号も羽化したし、ベランダの連中も3週間くらいしたら続々と羽化してきてくれるんじゃないかと思う。んで、そうなると心配になるのはやっぱり“エサ”。

昨年は、飼育セット緊急取り揃え!に書いたように、慌てて飼育セットを準備したので、吟味なんて皆無。

でも色々とネットで調べてみると、何やら産卵を促進してくれるっていう、イークワドットコム 高タンパクゼリーとかあるらしいですね。
すんごく興味津々。乳白色ってのも何かそそられる♪

とは言え、この高タンパクゼリーってちょい高。如何にして安く済ますかっていう自分のスタンスにも反するので、ちょっと手が出せん。

時間も予算も限られた中で、やっぱ参考になったのは、より一般人(?)の視点からひたすら国産カブトを育てていらっしゃるモキオさんのブログ。
その中で、176発目 行きつけショップを開拓ー1に、

去年は3種類のゼリーを
与えてみましたが、カブトムシの反応は明らかに
それぞれ異なっていました。
(中略)
ザ・オオクワが販売している「マウンテンゼリー」
値段も手ごろで、なにしろ良く食う。


って書いてあります。何しろ、モキオさんの育て方は半端じゃないので、おそらくこのゼリーでまず間違いないだろう・・・と。

で、一足早く購入させていただきました。

購入先は株式会社ディ・キャッツYahoo!店

マウンテンゼリーパート2 16グラム600個入
2,400円(税込)

(以前に比べて、液ダレが抑えられたとか・・・)

送料&ヤマトのコレクト宅急便が加算されて、しめて3,167円なり。
それにしても、送料600円は高いっす。仕方ないけど。

全幼虫が見事成虫になるとしても600個、一日1匹が1個食べると

・・・は?15日・・・だけー?

ベランダ組の様子・・・ 


※ケースB。均等な配置で蛹室作ってるみたいです。

ベランダのケースA~Bまでを覗いてみました。写真のように、皆さん底へ集まってます。先日見たときから、ほとんどこの様子に変化がないので、おそらくコレ蛹室なのでしょう。

人によっては、蛹化する前に黒土を底に敷いたり、色々と工夫してるみたいだけど、こんなんで大丈夫かなー?

ちなみに、幼虫たちの色はまちまち。かなり茶色っぽく変色してるヤツもいれば、まだ全然白い子もいる。とりあえず、あと2週間ばかり様子を見てみよっと。

相変わらず、イチコは潜ったまま。


あれ~!?いきなり成虫! 


※おい!もう立派に成虫じゃんか、なるなら言ってくれよ~

とうとう、この日がやって参りました!成虫です、せ・い・ち・ゅ・う。

出社前にケースEを覗いたら、いきなり写真のようになってました。まだ茶色っぽい感じで初々しーい!時折、触覚は動かしてるけど、やっぱほとんど動きませんね。

でもほんと嬉しい♪イビツだったけど、ちゃんと成虫になってくれて、ありがとう!
一番に羽化したので、イチコ(一子)ちゃんだそうです<名づけ親(女房)

Dorcus Breeding Studioに、

【管理方法】
羽化して間もない成虫はまだ弱く、十分に動けないこともあるので、取り出した後もしばらくはそっとしておく。
また、羽化後10日間位はエサを食べないので、無理に食べさせる必要はない。


って、書いてあるので、とりあえず放っておくことに・・・。

ところが、この狭い筒の中で、どうやって方向転換したのか、たまたま会社を休んでた女房が、気付いたときには土の中に頭だけ埋めてたそう。メールで状況を教えてくれたので、とりあえずクリアケースの筒だけ引っこ抜いておいてもらいました。

そして、去年最初に購入した小ケースに「ぬくぬく腐葉マット」をセッティング。

2007-06-04e2.jpg■黒光り
久しぶりなこの感覚。ちょっと凹みがあるけど、上羽はしっかり閉じてます。びっくりさせてごめんねー。

2007-06-04e3.jpg■小ケースへ移動
動きます!元気良さそう。でも羽はちょっと出ちゃったみたい。これくらいなら大丈夫ですよねー?彼女は一目散に潜ってきました。


2007-06-04e4.jpg■抜け殻
さすがにちょっと気持ちワル~。カブトの抜け殻じゃなかったら絶対触りません。

2007-06-04e5.jpg■小ケース再始動!
うーん、懐かしい・・・この感じ。ワクワクしてくるね、これから2ヶ月、どんな生活が待ってるんだろう。エサはスタンバイだけしておきました。

がんばれーイチコ!

って言うかさー、外の連中まだ蛹にもなってないのに、こんだけ羽化時期ズレちゃったら、交尾もまともにできんでしょ。どうすんの?やっぱ♂は購入?

つーか、彼女も少なからず羽化不全ではあるので、そんな彼女と♂の掛け合わせで、ちゃんとした産卵はできるんでしょうか・・・。

ま、とにもかくにも、このブログの目標、

ネット上の情報をフル活用して、見よう見真似で羽化まで成功させちゃお!

は、何とか達成。皆様、ご声援(?)ありがとうございました。

あと40匹、頑張ります!



極チビ、とうとう蛹化! 


※予想通り♀でした!下に見えるのは幼虫の抜け殻。

またしばらくぶりになっちゃいました。。。
このところ、忙しいのと、頭がイッパイな状態が続いてて>泣

実は前回から2~3日後に蛹化したようなんだけど、一部しか見えてなくて、よく分からない状態が続いてたんですよねー。仕方ないので、しばらく様子を見ることに。んで今日、色も濃くなってきたので、いよいよ蛹室を作ることを決行!

何しろ、もともとチビっちゃくてイビツだったので、羽化が心配なんです。同じようなケースで、やっぱり羽化に失敗しちゃった例をネットで知ったので。

2007-06-02e2.jpg■背中から見た感じ
うんうん、色ツヤもバッチリ!だと思うんだけど。どうすかね?イビツだった割にはちゃんとしてるでしょ?

ケースEの腐葉土を固めて、スリコギで何とか蛹室を作ろうとしたんだけど、水分が足りないのか、技量が無いのか、そもそもやる気がないのか・・・全然上手く作れない。

なので、手元にあったクリアケースをハサミで適当にちょん切り、それを筒状に丸めてみました。

2007-06-02e3.jpg■ケースEの人口蛹室
とりあえず、蛹が倒れない程度の大きさに丸めてみたんですが、こんなんで大丈夫でしょうか?

これで何とか上手に羽化してくれればいいんですが・・・。とりあえず状況を見守っていくしかないですね。

極チビ、頑張れ!

あと、蛹化の様子が見られなかったベランダの40匹ですが、さっき覗いてみたらケースF以外全部、幼虫たちが底まで下りてきてました。下りてきたっつーても、今までのような腹丸出しって感じではなくて、均等な配置で、一部だけ見えてる。

しかもマット全体がメチャメチャ波うってます。相当動きまくった証拠でしょう。
おそらく蛹化が始まるんですよね?とはいえ、各穴から見えるのは、まだ白っぽい体なので、いつ頃になるのかは見当がつかないけどね。

そうそう、ケースBは1匹だけ表面にポツンと出てきちゃってました。突付いたら、慌てて潜ってったけど、これって皆に邪魔されて蛹室作れなくなっちゃったってことでしょうか。ちょっと心配。

今度、ベランダ組の写真も撮ります。

極チビ・・・蛹化直前? 


※おいおい、まさか?動きも鈍いし、穴がなんか違う。

今週末に、極チビの最後のエサ交換を予定してたんですが、今日の出社前にケースを見たら、こんな感じ。側面に見える、穴の縁がなんか湿ってて、いつもとは様子が違う。

極チビ自身の動き鈍いし。そんで、帰ってきてから再度確認したところ、全く穴に変化なし。

ってーことはよ、蛹化の準備はじめてるの?

さっきもまた見てみたけど、ちょっと寝方が変わったくらいで、ほとんど動きありません。せっかく最後のエサ交換&体重測定しようと思ったのにぃ・・・

とりあえず、これからどーなるのか、

ちゃんと蛹になれるのか?
羽化できるのか?

など不安は尽きませんが、こうなっちゃった以上は、しばらく見守るしかないですよね。

でも、他のケースはどうなってんだろ?

うー気になる~~~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。