スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐葉土をネット購入しました 

相変わらず品切れ状態のタキイ腐葉土。園芸店・ホームセンターなど、どこへ行っても成分表がちゃんと表記されている腐葉土を見つけられず、なかなか手を出せません。

タキイ腐葉土を販売している「ガーデニングどっとコム」には他にも、『腐葉土 20L』というのがあります。

なんかパッケージにはカブトとクワガタのイラストも入っている。

当店の腐葉土は、クヌギ・ブナなどの選び抜かれた落ち葉を長期間、
完熟に成るまで醗酵を繰り返し出来た良質の腐葉土です。
通気・排水・保水性に優れ老朽化した土を若返りさせる役目もあり
肥料の流亡を防ぎ、穏やかな肥料吸収をお約束します。
土に混入することによって空気の流通がよくなり有効菌の繁殖が
著しく増加し、植物の生育が活性化する等の特徴があります。


らしい。しかも安い!20L¥398。

気になったので、問い合わせてみました。

ご担当者様

お世話になります。
腐葉土 20L (商品番号: NR000000011) について質問です。
この商品には、農薬・殺虫剤等は含まれておりますでしょうか。
また、針葉樹などはどれくらい含まれているのでしょうか。


ガーデニングどっとコムさんからの回答は、

この度はお問い合わせいただき有難う御座います。
【ガーデニングどっとコム】です。

当店取り扱いの腐葉土には、
すべて農薬や防虫剤などの混入は全くありません。
ご安心下さい。

原則、針葉樹は入れておりませんが、
葉を採取する際に混入してしまう場合がございます。
ですので、割合としては数パーセント程度とだと思います。


とのことでした。

カブトムシに使いますなんて前提でお話を伺ったわけではないことにご注意ください)

うーん、考えてみればカブトムシの幼虫が自然に生息する場所に、針葉樹の混入が全く無いなんてことの方がありえないなー。

20L(398円)×5袋=100L(1990円)
+消費税
+送料630円

で、しめて¥2,715。送料が結構痛い。でもそれほど高い買物じゃないかな。とりあえず購入して、幼虫の状況を見てみよう。

注文しました。今週末くらいには到着するでしょう。

幼虫飼育用の道具調達 

衣装ケースにうごめく幼虫を外から眺めても、どんどん大きくなっていくのがわかります。秋に向けて、いよいよ本格的に幼虫飼育準備をしないとダメそう・・・。

そんなわけで、腐葉土を買い込む必要が出てきました。でも幼虫たちは「ぬくぬく腐葉マット」を美味しそうに食べているみたいなので、このマットだけで十分いけるかも。

しかしながら、どのサイトを読んでも、

幼虫1匹が蛹になるまでに3Lは消費する!


って書いてあることが気になってます。

ぬくぬく腐葉マット4.5リットルが380円だとして、
例えば、このままヒロコが産卵し続けたとする。幼虫40匹で120L。

120L÷4.5=26.666・・・
26.666・・・×380=¥10,133

40匹くらいでは別に思ったほどじゃないな。でもカブトムシ1匹300~400円くらいなことを考えると、ケース代ほか道具、それに何よりも時間も加味して結局高くついてしまう・・・とまあ、皮算用の繰り返し。

いろいろ考えて結局、安い腐葉土でやってみることにしました。来年以降も飼育を続けることを考えると低コストの方法に慣れておいたほうが良いかなっていうのと、ぬくぬくが季節的にいつまで手に入るか微妙だからです。

(冬に昆虫コーナーなど訪れた事がないので全くわからない)

腐葉土といえば、国産カブトムシの幼虫飼育に成功するマットの選び方に、

腐葉土 ・・・ あまりお金をかけたくないときに
(中略)
タキイ腐葉土20L
お店によるとカブト用に使って問題があったという連絡ないとのことですが、あくまで園芸用の商品とのことなので自己責任で試してくださいね


とある通り、ネット上では有名みたいで、比較的手に入りやすいものとしては信用度が高いみたいですねー。

実際、ガーデニングどっとコム タキイ腐葉土20Lでも、

*ペット用にご使用をお考えのお客様へ*
多数のお客様に、カブトムシ用にとお買上げ頂いてご利用いただいておりますが、
当方としては、あくまで園芸用の商品ですので、
ペット用でのご使用は、お客様の個人的判断でのご使用とお考え下さい。
(ペット用に使って問題があったという連絡は一度もありませんが)
カブト虫やクワガタなどに詳しくないので、、、すみません!!
100%広葉樹のこちらの商品を皆様に好んでご使用頂いております。


って書いてあるし。

うーむ、困った。品切れではないか。どーしよー。

でもネットでいろいろと探したら、他にも条件が似たような腐葉土ならOKみたいですね。
腐葉土のパックなんてほとんど目にしたことがないので、とりあえず現物を見に遥々JA園芸センターへ。ほんとに見に行っただけで終わりましたけど。

さて、またホームセンターへ行って参りました。
過密状態にならないだけの幼虫飼育用ケースとマット購入が目的です。
購入したのは、

・深型50 CORO コロ付収納BOX #50
(寸法は50×38.5×高さ30.5で、幼虫10匹はこれでいけるのではないかと)
ぬくぬく腐葉マット
くぬぎ大王
(混ぜて使ってみることにしました。幼虫も三齢以降なら大丈夫みたいな情報があるので。しかも大きくなる条件のひとつとか)
・乾燥醗酵牛糞スロード
(牛糞堆肥とおが屑を混ぜて醗酵させたものは、幼虫のすばらしいエサとなるって国産カブトムシ幼虫飼育に書いてあったので。最終的に使うかどうかはわかりません。20L400円くらい)

です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。