スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の出逢い! 

今日は子どもと遊びにいったあと、文京区のとある神社で盆踊りに参加してきました。そのあと、夕食もろくに摂ってないし、息子がハッピーセットの『おじゃる』が欲しいとせがむので、マクドナルドへGO!

その帰り道、女房がふと足を止め、まだ人通りもある道端にうずくまっている虫を発見。よく見ると、カブトムシの雌ではありませんか!

早速、マックの袋を一つ空けて放り込みました。いくら発見したとはいえ、このとき自宅に雄がいなかったら、拾わなかったかも・・・いや、女房も目に入らなかったかもしれません。

これが彼女との出逢いでした。

余談ですが、このあと私たちはやはり道端を必死に歩いているセミの蛹を見つけちゃったんです。おそらくは、明日にでも羽化する場所を探しているのでしょう。生きている蛹は初めて見たので、これも感動でしたよ。

歩いているセミの蛹

※近くの公園に向かって一生懸命に這うセミの蛹

虫カゴ購入しました 

小さなバケツに2日ばかり放置しておいたところ、匂いはひどいし、昆虫ゼリーは散乱してるし、おまけに3匹はケンカばかりして、夜中もウルサイ!

そりゃそうですよね、土も木も何も入ってないところに入れられちゃ・・・。

で、会社帰りに近所の園芸店で昆虫用のプラスチックケース水槽を購入することに。お店のおばちゃんから、大きい水槽を奨められましたが、さすがに雄3匹、約2ヶ月の命にそんなに費用もスペースも確保する気になれず。

結局、小さい水槽と一番安い園芸用腐葉土を購入して帰りました。

エサはまあ、キュウリにホットケーキ用の蜜でもたらしておけばいいだろう、くらいな感じです。メロンもスイカもちょうどあるし、食べ残しでもあげてれば1ヶ月くらいは生きてくれるかな。

我が家にカブトムシ雄3匹がやってきた! 

家族で私の実家を訪問したとき、同マンションのご近所さんから、なんとカブトムシをいただきました。
その方は学校関係者とのこと。子供たちに配った余りのカブトムシを3匹、昆虫ゼリー付きでくれたんです。
折りしも、息子に昆虫との触れ合いの機会を与えたいなどと目論んでおりましたので、願ったり叶ったり。

とはいえ、虫カゴもないので、小さなバケツにとりあえず放り込むことにしました。虫カゴは後日買いにいこうと。

これが彼らとの最初の出会いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。