スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年あけましておめでとうございます! 

本年もご応援、ご指導、ご鞭撻、ご教授のほど、
何卒、宜しくお願い申し上げます!

で、今日は天気だし気温も若干高めだったので、いきなりケースFのエサ交換から。って言っても糞取りなしの、腐葉土掻き混ぜ&保温のための腐葉土追加作業。

追加理由は、ケースFだけあまりにも腐葉土のカサが減ってきてるので、2月あたりもし極寒だったら、このままじゃあ、浅くてきっと寒いだろーなーという親心から。


※心配だった購入娘の子供たちも生きてます。

ついでに体重測定も。
28g 27g
さすがに食べてないのか、2006/11/12 エサ交換、購入娘の子どもたちに比べて、ちょい減り。

それと、水分補給をしようと思ったんですが、
カブトムシを育てよう!~飼育環境編~

■寒さへの対策
(中略)しかし、飼育容器が小さく、マット(腐葉土)に水分を多く含む場合、真冬の外はかなり気温が低下し凍ってしまい、へたすると死んでしまう場合もあります。


って記述があったので、少々って感じで入れておきました。

2007-01-08f2.jpg■春までお休みなさ~い
腐葉土をケースの8分目以上まで追加。これで凍えることはないでしょう・・・たぶん。


しばらく放って置きっぱのケースB・C・Dですが、確認したところ、皆さん底にへばり付くように丸まってました。まあコヤツらは、十分な腐葉土のカサがあるので大丈夫でしょう。

春まで静観です。


スポンサーサイト

コメント

おめでとうございます!

今年もよろしくお願い致します。

ウチは室内飼育(玄関15℃くらい)なのですがこの分だと蛹化も早まりそうです(汗)
いきなり外に出すのも考えてみましたがリスクが・・・。

とりあえず、この前のマット交換時に半分しかマット入れてないので追加購入を検討中なんですが、やっぱマット高いですねー。この次の世代は腐葉土検討しようと思ってます。

>さんご♂さん
明けましておめでとうございます!

うちと同じですね、玄関。
私も極チビの成長具合で、春先に外に出そうと予定してます。いま出したら、ショック死しそうで・・・。

購入した腐葉土に関しては、はっきり言って食ってるか食ってないか分かりません。
でも、2齢あたりからは腐葉土+くぬぎ大王でいけそうな気が。
粒子の細かさを考えると、初齢はやっぱりマットが最適なんでしょうかねえ。まあ、まだ先長いので色々と考え中です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutohiroko.blog74.fc2.com/tb.php/59-3b7b5210

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。