スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極チビ飼育状況 


※何グラムだろ?とりあえず元気そうです。

毎日アルミ箔を外しては観察してるんですが、今日は写真を撮りやすそうな位置にいたのでご紹介。結局、ピンぼけですけど・・・。

ふっくら元気になってきた感じ。でも相変わらず、左右非対称なシワはそのままなんですよねー。やっぱり1齢のときの栄養が足りなかったんでしょうか。
ちゃんと蛹になれるかなー。

次は体重量ってみますね。っていうか今計りたい。
とりあえず、これから会社です(泣。



[memo]千葉県立中央博物館 カブトムシにおけるレスビアン!
上に乗った雌は交尾器ならぬ産卵管を伸ばして交尾しようと


スポンサーサイト

コメント

ちび君がんばれ!

気のせいか、大きくなってきたような。
順調にいくと良いですね~。

左右非対称、心配ですね。
3齢になって、皮を脱いだときに治ればいいのですが。
って、もう3齢・・・ではないですよね(汗)
蛹化のときは緊張しそうです。

>さんご♂さん

ご声援ありがとうございます!

やっぱり、色付きが良くなってきてるようです。いままでグレーだったんですが、徐々にクリーム色へと。

でも食べ方が下手なのか、消化が上手く行かないのか分かりませんので、今後どうなるか全くもって分かりません(泣

今日エサ交換してるときは威嚇っぽい行動をしてたので、元気ではありそう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutohiroko.blog74.fc2.com/tb.php/57-544b2cee

産卵管について-ムシラーの前世

産卵管の一種 ''Eupholidoptera chabrieri'' のメス。尾部に長い産卵管が突き出る産卵管(さんらんかん、ovipositor)は、昆虫類などの雌が有する生殖器の一つ。産卵の際、卵を土中や植物の組織内などに埋めこむための構造である。腹部に発達した管状の突起物で、大きさや形
  • [2007/02/21 08:26]
  • URL |
  • ムシラーの前世 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。