スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今年最後】ケースAのエサ交換 


※出ました!37グラム。

気温も若干高めだったので、気になっていたエサ交換を実施しました。まずはケースA。下層は糞だらけ、中央から上層にかけては、くぬぎ大王もまだまだ食えそう。

で、ザッと糞取り。ケースの1/5程取れました。

残りの腐葉土&くぬぎ大王をよく掻き混ぜたら、底3センチくらいを押し固め、中央層は柔目でセッティング。要は、上層と下層をひっくり返しただけな感じです。

2006-12-16a0.jpg■丸々太った10匹
血色?がよく、張りもツヤもあって元気に動いてます。大きさに違いはあるけどコヤツらは全然安心。

今年最後の体重測定、ついでに♂♀判定も。

■測定結果
♂ 37g 34g 34g 33g 25g
♀ 27g 25g 24g 24g 21g

うーむ、ぴったり5対5?そんなことあるかなー。私の希望も入っちゃってるかもしれません。ビミョーなのが2匹くらいいるけど、まあこんな感じ。また春にチェックしてみます。

それよか体重。よく育ってくれてる。諸先輩方の日記を参考にすると、越冬前にこれだけあればおそらく十分かと・・・。

2006-12-16a2.jpg■37グラムの兄貴
持ってみても、ズッシリ重い。動きも機敏でかつ攻撃的。やっぱり噛んできます。

糞取りをしてから気づいたのは、腐葉土のカサが4/5まで減ってしまい、保温効果はどうなんだろうと・・・。やっぱり腐葉土の容積が大きいほど、より自然に近い状態だとは思うんだよなー。

そんで、余ってる腐葉土1袋を開封。でもどうせこの寒さの中、上層まで上ってこないし、さっき取った糞も勿体無い気が。(貧乏性)

結局、せっかく取った糞を上層にドバッと再投入(アホですか?)!保温に役立ってもらうことにしました。

2006-12-16a4.jpg■糞だらけの腐葉土に潜っていく幼虫
極チビと違い、もの凄いスピードで潜っていきます。また来年なー!よいお年を。

1時間で終わらせようと思った作業は、写真撮影とかやってる内に1:15掛かってしまいました。

もっと効率上げられませんかねー。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutohiroko.blog74.fc2.com/tb.php/56-f483492c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。