スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エサ交換 ケースC・D・E 


※大好評!そこまで美味いか、この朽ち木・・・。

ケースC&Dのエサ交換はもう少し後にする予定だったけど、A&Bの様子を見る限り『くぬぎ大王』環境が快適そうなので、善は急げで決行しちゃいました。天気もまあまあでしたしね、途中で通り雨はありましたが。

さて、取り出してビックリ!ケースDの子たちが、ジャンボくち木に潜り込んでるじゃーありませんか。これを見たかったんですよねー。良かった良かった。

2006-11-04_C01.jpg■今回の一番デカい子
ケースCの32gでした。孵化時期がズレていても、環境によって成長度合いはかなり追いつくみたいですね。


2006-11-04_C02.jpg■ケースCの幼虫たち
計8匹、すくすくと育ってます。想像してたよりデカいな。
32g 30g 28g 28g 27g 21g 21g 20g
もう寒くなるからどんどん食えよ。


2006-11-04_D02.jpg■ケースDの幼虫たち
こちらも8匹全て生存、体重は小ぶり、
26g 26g 24g 23g 23g 22g 19g 15g
10グラム代の子が気になりますが・・・。

2006-11-04_E01.jpg■ついでにこやつのチェックも
まだ2齢幼虫じゃないの???・・・ですよね?きっと。でも、一週間前に比べると明らかに大きさが違う。いま食ってるのはマットのみ。

2006-11-04_E02.jpg■大きさ比較
左はケースDの幼虫(24g)、深タッパの子は、
18g 6g
でした。


本当はここで、この2匹に関してケースCかDのいずれかに移そうと考えてました。でもカブトムシの幼虫って、同ケースの中では一斉に蛹になるらしいから、ちょっと6gの子は一緒に育てるのは危険かなーと。

そんな訳で、もうしばらく別環境で育ててみる事にしました。越冬を考えるとケースは大きい方が良いと思うので、後々なんとか移したいとは思うけれども・・・。

2006-11-04_E03.jpg■乾燥醗酵牛糞スロード
手付かずで放ってありました。牛糞にオガ屑を混ぜたものを醗酵させた堆肥で、栄養価は抜群との噂。成長が遅れ気味の深タッパに試しに投入。


2006-11-04_E04.jpg■深タッパをケースEと呼ぶことに
スロード+腐葉土+くぬぎ大王のミックス環境にしてみました。冬までに何とか大きくなってくれよ。


この時期にエサ交換をしてしまうと、次はいつになるんでしょうか。もしかすると、このまま年越しもありえるのかなー。

スポンサーサイト

コメント

腐葉土の食いつきはどうですか?

はじめまして。いつも拝見させていただき大変参考になっています。

私は約100匹を初令のときから月夜野きのこ園の菌床マットを使っておりました。これがものすごくいい食いつきで、生まれの早い子は巨大に育っております。

さてさて、このたび手元に10匹ほど残して、この子達を小学校に里子に出す事にしました。教育の一環と言うこともあり、マットではなく自然に近い腐葉土で飼育させたくてタキイの腐葉土20を大量に購入してエサを切り替えましたが、一向に食べている気配がありません。大型コンテナで飼っている子は潜ったままなのですが一匹ずつペットボトルで飼育している子は這い上がってきます。

食いつきが悪いのは時期的なものと思っていましたがどうも違うらしい・・・。このまま子ども達にあげて死んでしまったら、カブトムシも子どもたちもがっかり(カブトムシは死活問題ですね)してしまいます。

その後の食いつきについて教えていただきたくカキコしました。

食いつきによっては急遽マットに切り替えたいと思います。

よろしくお願いいたします。
  • [2006/11/05 17:05]
  • URL |
  • カブトゼクター
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

はじめまして!

カブトの幼虫の育て方を調べていて辿り着きました。
子供が飼っているはずのカブト、なぜか親のほうが一生懸命になっています(笑
いま幼虫の様子で気になることがあり調べている最中でした。

というのは、うちでは園芸用の腐葉土100%で育てているのですが、最近夜中になると数匹が土から出てくるのです。
卵から3令の初め頃まではタキイの腐葉土を使っていて、沢山フンをして(=よく食べてる)うまく育っていたのですが、少し値段の安い腐葉土にしてからフンが減り、上にも書いたように土の上に出てくるようになりました。

いま使っている腐葉土は10/20の日記に書かれていた398円の腐葉土なのです。
やはりコレは美味しくないのでしょうかね!? 店のレビューでは良いように書いてあったし袋にもカブト・クワガタの絵が描いてあったのに・・・?

成虫にするまで中々大変ですが、お互いがんばりましょうね。

腐葉土・・・

度々すみません。
カブトゼクターさんのとこはタキイの腐葉土の食いつきが悪いのですね?
我が家の幼虫はよく食べてよくフンしてたんですよ。(8月後半に生まれた幼虫が10月半ばまで)

いま食べる量が減る時期なんでしょうかね・・・
悩みは尽きません(><)

Re:はじめまして

りんさん、はじめまして。
ご返答ありがとうございます。

私も子どもを口実に親のほうが夢中になっています・・・奥様は呆れていますよ。

私も398円の腐葉土をあげました。急にエサを切り替えたせいかもしれませんが食わない上に元気もありません。約30匹を100Lのコンテナにぶちこんでいたのは潜ったままでしたが、1匹ずつ飼っていたペットボトルは一晩で出て来てしまいますね。

やっぱりおいしくないのでしょうかね?堆肥だって食うくせに!

マットで飼っていた幼虫は潜る際にウンコするのですが、腐葉土飼いの幼虫はウンコしないで潜ります。やっぱり食べていないから出るものも出ないようです。

  • [2006/11/05 21:47]
  • URL |
  • カブトゼクター
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>カブトゼクターさん
はじめまして!

>りんさん
はじめまして!

参考にしていただけるなんて光栄です!
共通の話題なので、まとめてになってしまって申し訳ないですが・・・。

かなり切迫した状況のようで、確かに子供たちにがっかりさせたくないですよね。お気持ち、よく分かります。
ご存知のように初めての本格飼育経験で私もネット上から情報収集の毎日。
なので本当は、右側リンクにある先輩方にお聞きするのが一番かも。

でもここまでの飼育で、推測も含め、私の分かる範囲で書かせていただきます。

タキイの腐葉土が良いという噂は読んだけど、在庫が無かったクチなので何とも言えませんが、調べると何れにしても腐葉土だけでは成長が芳しくないようです。

あと勝手に思ってるんですが、そもそもカブトムシの幼虫が採取できる、腐葉土や堆肥、クヌギ(薪炭林として植林多し)などはより人間の生活圏に近い範囲で存在していますし、国産カブトムシ自体が全くの天然環境で育つ方のが少ないのではないでしょうか。
彼らにとって自然に近いかたちなんてほとんど無い!と、最近は考えてるんですよね。

それと、先輩方の飼育環境がそれぞれ違うということは、ヒヨコと同じように、カブト幼虫も生まれて直ぐ体験した環境が一番安心するのではないだろうかと思います。
そーすっと、生まれた時の環境を引き継ぐのが最適なのでしょうね。
(人間の勝手で住みかを荒らしちゃいかんってことですかね。これは地球環境そのものにも言えることです・・・ちょっとデカ過ぎました。)

ただマットばかりであまりお金をかけたくない・・・。そんで、どーしても腐葉土層に幼虫が踏み入れてくれるよう考えたのが、「くぬぎ大王」作戦。
で、現状なんですが・・・

・腐葉土と「くぬぎ大王」を混ぜたら、マット層から這い上がってきてまで食ってるようだ。
・マットだけで育てた彼らに朽ち木を与えたら、程度は違えど、皆食ついていた。
・山の朽ち木の底あたりに、カブトムシの幼虫がいるって話を読んだが、我が家の子も同じ行動をとっている。
・「くぬぎ大王」はぬくぬく・・に比べて安い!

私はこの環境に何を求めているのかと言えば、腐葉土の香りに馴染んで欲しいって思ってるんです。
今回は腐葉土に補助的な役目をしていただこうかと考え始めています。
もし私の推測通り、生まれた環境で全て決まってしまうなら、来年はまた環境を考え直さねばなりません。
これはもうやってみるしかないですね。

こういう実験的な状況なので、全てのケースに関して私が気をつけてるのは、必ず底数センチにマットを残しておくことです。
幼虫は投入すると真っ先に底に潜り、数日は留まっています。ただ数センチのマットでは狭いので、仕方なく這い上がってくるのを利用して腐葉土&クヌギを食わそうかと。
最終的な結果はわかりません、でも前より上下層への行動範囲が広がっていることは事実です。

しかしながら、一度も這い出てきたのは見たことありませんねー。表面にその痕跡すら見つけられませんでした。

もし今回の方法で上手くいきそうなら、来年はマット&この腐葉土&くぬぎ大王の組合せを早期から試してみようと企んでいる次第。
ほんとーに新体験の連続です。


これについて、私も以前から不思議に思っていました。日本の広葉樹林も荒廃や手入れの不備でそれだけの土壌が育っているか疑問に思っています。現に私の近所ではクワガタはほとんど採取できません。倒木などがほとんど無くクワガタが育つ森林生態系が減っている、同時に土壌の育成も進んでいないように思われます。

カブトムシは森林土壌の中より堆肥やキノコ栽培のホダ木などで育っているのでしょうかね?

ところで、腐葉土の食いつきが悪かったのですが、菌床マットで飼っていた幼虫も食べなくなってきました。これって時期的なものだったのでしょうか?皆様のカブトムシはいかがでしょうか?
  • [2006/11/06 21:30]
  • URL |
  • カブトゼクター
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

たびたびすみません

上のコメントで文章の頭が切れてしまいました。pappaさんの「国産カブトムシ自体が全くの天然環境で育つ方のが少ないのではないでしょうか」ということについて私が思っていることを書こうとしたら・・・エラーキーワードではじかれてしまいました。

何か変なこと書いたかなぁ?
  • [2006/11/06 21:38]
  • URL |
  • カブトゼクター
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>カブトゼクターさん
ゼクターさんの飼育環境が分かりませんが、最近確かに寒くなってきて、早朝は幼虫の動きもほとんど見れないときがありますねー。

そんなときは食も進まないんじゃないでしょうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutohiroko.blog74.fc2.com/tb.php/46-e8bed119

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。