スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入娘の子どもたち 


※ちょっと寒かったのか、しばらくボーっと。

100円ショップで購入した朽ち木を食ってるのかどうか心配だったので、一番掘り返しやすそうな購入娘の子供たちを調べてみました。

そしたら、まあ大きくなってること!3週間前に決行した、移転大作業 第2弾小衣装ケースの彼らの何倍になったのでしょうか。またノギス使うの忘れてます・・・。

2匹とも朽ち木に貼り付いており、頭を木の凹み部分に突っ込んでいた。朽ち木全体を見たわけではないですが、おそらくちょっとずつ食っていくことでしょう。様子みます。

2006-10-22b.jpg■潜る幼虫
安心なのか、再び朽ち木に沿って底へと急ぎます。そのうち彼も朽ち木に穴掘って潜り込んだりするんだろーか。

ケースA・Bの幼虫達も移動から1ヵ月半、そろそろ腐葉土交換&チェックをしなければならないだろーな。

そうそう、昨日はIKEA 船橋に行ってみました。ショールームには、テーマ毎の小部屋に異なったデザインのインテリアがセットされ、家具を使ったときのイメージが掴めるように工夫されています。

一応、全部見て回りましたが、カブトムシ飼育の面からするとあまり期待できるものはありません(あたりまえ)。でも、気になっていた標本用の材料を見つけることはできましたよ。

2006-10-21.jpg■「IKEA」船橋
何が凄いって倉庫もそのままショールームにしてるところ。こっちのフロアだけでいいんじゃない?誰かが地震の心配してました。

2006-10-21b.jpg■標本用の額縁
なかなか見つからなかった深底タイプ発見。密閉度がぜんぜんないけど何とかします。

乾燥中のヒロコ&親分はカチカチになってきたようなので、この額縁を使用してきれいにレイアウトしてみたいな、なんて思ってます。

スポンサーサイト

コメント

標本の敵はカツオブシムシ。
防腐処理していても、防虫剤もお忘れなく。

>回天さん
はい、肝に銘じます。
回天さんの20年も大丈夫な標本って、防虫剤は何を使用されてるのでしょうか。
ネオパラじゃ甘いですかね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutohiroko.blog74.fc2.com/tb.php/37-773d2046

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。