スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときどき見える幼虫 

底から見える幼虫
※マットを這いずる幼虫。衣装ケースの底から撮影。

大移動してから約2週間、心配なので3日に一回くらいのペースで腐葉土の水分をチェックしてるんだけど、マットと腐葉土を満載したためもあってか、なかなか乾燥しませんねー。

幼虫達は、まあ気まぐれ・・・。少しでも温かいと、こうやって側面に出てきてくれますが、寒いと全く生死が確認できません。今日は2匹ほど外側から確認できました。写真の幼虫はケースBの方。

もう一匹が顔を出してたのは、腐葉土とマットの境界部分。ってことは、彼らは腐葉土にも食いつき始めたってことでしょうか。

ケースA、ケースBともに腐葉土表面は若干変化が見られるけど、糞らしきものはまだ見当たらず。かぶと虫の育て方 幼虫編などに、

幼虫の体内で養分を吸い取られた「フン」は土より軽いため土を入れた容器の表面に出てきます。


と書いてあるので、ケース環境の設定上、もっと腐葉土の中で暴れてくれれば分かりやすいんですけどね。ちょっとだけど、木屑も散らばってるので、おそらく食ってるんだろーな、朽ち木。

一方、採卵した日から数えると、そろそろ孵化しても良いはずの卵室のタマゴ。ようやく色が少し黄色がかってきました。でもBB弾のような丸さに欠けるのが少し心配。

待ちます。

スポンサーサイト

コメント

すごい!

大規模ですね!
僕が今年飼ってたやつも、たくさん産んでくれれば、カブトムシのアパート作りをしたかったんですが…。
来年は卵をたくさん産んでくれるような環境作りをしたいと思ってます。
保育室に、腐葉土でいっぱいの飼育ケースがあって、子ども達は中が気になってしょうがないみたいです^^

こども達は何でも興味津々で、触りたがるから大変そーですねー。
保育室に置いてあるとのことですが、そこはやっぱり保育士、みなさん幼虫は大丈夫なんでしょうね。それどころじゃない毎日だと思いますけど

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutohiroko.blog74.fc2.com/tb.php/28-3eda04c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。