スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大作業前の下準備・・・朽ち木 

明日か明後日の幼虫移転大作業作戦を前に、しておかなければならないことがあります。朽木を水に浸しておくこと。

朽木に関しては、カブトムシを育てよう!~飼育環境編~に、

◆ひとりごと・・・・
私の幼虫がたまたまかもしれませんが、腐葉土で育てたものよりも、 
朽ち木で育てた幼虫の方が個体が大きくなるみたいです。
原因はわかりません。


と書いてあったり、また国産カブトムシの幼虫を大量に飼育する方法では、

腐葉土だけでは、あまり幼虫が大きくならないから嫌だという人もいると思います。そこで、朽木(産卵木でも可)を投入しましょう。


と言っていたりと、まあだいたい肯定的・推奨的意見が多数なのでぜひ私も採り入れてみたいと・・・。

それで、予め購入しておいた朽木をバケツへ突っ込み、水に浸しました。

ソファー横で明日の大作業を待つ住人たち

※ソファー横で明日の大作業を待つ住人たち。待ってろよ。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
今年は幼虫が増えすぎて、とても参考にさせて頂きました。
いつもマットだったんですが、腐葉土のほうが安く済みそうですね。
さっそく探しに行ってみます。
おっきい箱のほうが管理が楽そうですね。
悩んでみます。
また、おじゃまさせて頂きます。

はじめまして。飼育環境を楽しく拝見させて頂きました。
うちも去年頂いたたった2匹のオスメスカブトムシが、
今年は数え切れないぐらいに増え、さらにすでに孫幼虫まで
デカクなり・・・
今は大きな衣装ケースと、虫ケース2個で飼っていますが、
次は畑にカブトムシスペースでも作ろうかと
考えています。増えるとうれしいけど場所が悩みどころですね^^;

コメントありがとうございます!

> JACKさん
郊外へ行けばもっと安価で安心な腐葉土がありそうですね。
もっと安いのあったら教えてくだっさい!
飼育ケースは何でも使えそうなので、私も悩む毎日です。

> すろうさん
数え切れないくらいなんて・・・羨ましい。
でも考えてみれば、幼虫40匹の世話より、ブンブン飛び回る40匹の成虫の飼育の方が、いま想像できません・・・教えてください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutohiroko.blog74.fc2.com/tb.php/18-e74162c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。