スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極チビ・・・蛹化直前? 


※おいおい、まさか?動きも鈍いし、穴がなんか違う。

今週末に、極チビの最後のエサ交換を予定してたんですが、今日の出社前にケースを見たら、こんな感じ。側面に見える、穴の縁がなんか湿ってて、いつもとは様子が違う。

極チビ自身の動き鈍いし。そんで、帰ってきてから再度確認したところ、全く穴に変化なし。

ってーことはよ、蛹化の準備はじめてるの?

さっきもまた見てみたけど、ちょっと寝方が変わったくらいで、ほとんど動きありません。せっかく最後のエサ交換&体重測定しようと思ったのにぃ・・・

とりあえず、これからどーなるのか、

ちゃんと蛹になれるのか?
羽化できるのか?

など不安は尽きませんが、こうなっちゃった以上は、しばらく見守るしかないですよね。

でも、他のケースはどうなってんだろ?

うー気になる~~~


スポンサーサイト

極チビケース糞だらけ 


※ぶちまけたら、こんなに糞だらけになっちゃってた。

久しぶり過ぎる1ヶ月ぶりの更新・・・
実はこの数週間、立て続けに家族で病を患ってたんです。

2/16~2/27:次男→長男→オレの順で、
「急性ウィルス性胃腸炎」
3/2~3/7:次男→長男→女房の順で、
「インフルエンザA型」

幾らなんでも、こりゃ酷いと思いませんかー?泣
おそらく両方とも次男が保育園から持ち込んじゃったんです。
皆さんもお気をつけくださいまし。

んで、とりあえず極ケースの糞取り。糞取りっていうか、ほとんど糞しか見当たらないので全とっかえ。さすが、ぬくぬく腐葉マットは食いつきがいいですねー。

2007-03-10e2.jpg■じゃあ、とーぜん大きくなって・・・
まへん。前回と比べて1グラムしか重くなってない。16g。おまー、糞ばっかしてんじゃねーよ。

2007-03-10e3.jpg■ぬくぬく満タン
マットとチョビっとくぬぎ大王で。慌てて潜ってきますが。ちゃんと蛹になれるんでしょうか。

ところで、依然気になる極チビの歪み。見つけました、同じ状況で蛹まで飼育経験のある方の日記。
カブトムシな部屋 2006/6/21に、

そして、掘り返してみると・・・・・・・・・・・
なんと・・・角が前に曲がって顔の近くにあり、羽化しようとした様ですが、
残念ながら、羽化できずに★になってしまっていました。
(~中略~)
かなり後悔しています、一番気に掛けて飼育してきたママカブが最後に残した
我が家の末っ子だったので、蛹室を作った時点で露天掘りしたらよかったと・・・・


特に、

>一番気に掛けて飼育してきたママカブが
>最後に残した我が家の末っ子

↑ここ全く同じ。でもやっぱり★になっちゃったんですねー。なんか今からブルー。ほかに歪みちゃんを成虫までお育てになった方、いらっしゃいましたら、是非ともお知恵を拝借したく。宜しくお願いします。

予想に反して、結局、降雪もなく日に日に気温が上昇してます。もうちょっとしたら他の子たちもチェックしてみなくては。


いよいよ活動再開? 


※ケースB、側面に出てきたのを久しぶりに確認!

今日も陽射しが強くて暖かいですね。風は冷たいですけど。

春の訪れを察知したのか、そうやら活動を再開し始めたようです。
ケースAと購入娘の子2匹以外は、側面で幼虫を確認できました。

今回はつまらん写真ばかりになっちゃったけど、飼い主としては結構、念願の一瞬。

2007-02-11c.jpg■ケースCの幼虫ちゃん
写真の幼虫はそれほど上昇してませんが、この裏側の側面に張付いたヤツは底から4センチ位に確認しました。

2007-02-11d.jpg■ケースDの幼虫ちゃん
腹が丸見え、丸々太ったままで元気そう。かなり上ってきてますねー。

まだ2月中旬。3月中旬までに、まだ降雪するくらいに厳しい気温の日もあるかもしれないです。暖冬とはいえ、まだ気が抜けません。
せっかく動き始めた彼らのためにも、このまま気温が下がらないよう祈るばかりですねー。

今日を境に、停滞気味のブログも更新頻度がアップすればいいですがw。

なに出てきてんだよ、極! 


※なぜキミはそんなところに・・・。

出社前に玄関で極チビを覗いたら、完全に這い出て来てました。理由はなんでしょ?エサ不足?水分?

よく分かりませんが、このままにしておいたら乾燥しちゃうので、とりあえず手にすくった程度の水分を数回垂らしておきました。さすがにビックリしたようで慌てて潜り始めましたよ。

んで帰宅したら、また底まで潜ってたので水分不足か気まぐれのどっちかですね、おそらく。まあ相変わらず、モゾモゾと動いてます。

極チビ飼育状況 


※何グラムだろ?とりあえず元気そうです。

毎日アルミ箔を外しては観察してるんですが、今日は写真を撮りやすそうな位置にいたのでご紹介。結局、ピンぼけですけど・・・。

ふっくら元気になってきた感じ。でも相変わらず、左右非対称なシワはそのままなんですよねー。やっぱり1齢のときの栄養が足りなかったんでしょうか。
ちゃんと蛹になれるかなー。

次は体重量ってみますね。っていうか今計りたい。
とりあえず、これから会社です(泣。



[memo]千葉県立中央博物館 カブトムシにおけるレスビアン!
上に乗った雌は交尾器ならぬ産卵管を伸ばして交尾しようと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。