スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメみたい・・・ 

室内の幼虫飼育状況
※全体的に変色してきちゃいました・・・残念。

孵化を待っていたヒロコ最後の卵、ダメみたいです。

今週初めに、中身の幼虫が透けて見えてきてたんですが、さすがに3週間じゃあー長すぎ。そんな長い期間を経て生まれる幼虫の話も読んだ事ないし。
萎み始めるまでは一縷の望みを捨てません(しつこい?)が、ほとんど期待してません。

あーあ・・・。

さて気を取り直して、全幼虫の数を再整理。

・10匹→衣装ケースA (ベランダ)
・11匹→衣装ケースB (ベランダ)
・16匹→小衣装ケ-ス (室内)
・ 2匹→小型深タッパ (室内)
・ 2匹→小型飼育ケース(室内)

計41匹(内、ヒロコ39匹+購入娘2匹)ということになりました。



[memo]カブト日誌(1)
私が使っている自家製容器
下側はヒビが入っていらなくなった水槽です。上側の網部はD.I.Y.から角材と金網を買ってきて作りました。右側にドアがあります。成虫になっても使えるようにしてあります。

[memo]カブトムシは今、ヤナギに寄ってくる
放置された谷津田にヤナギが生えている。東京最後の里山「横沢入」

[memo]どんこうで行こう
今年も、カブトムシはクリアケースで作った
巨大虫かごの中で飼っています。


スポンサーサイト

最後のひとつ・・・ぶ? 

最後のひとつぶ卵

※ちゃんと孵化してくれますよーに。

オリンパスの『CAMEDIA C-3000 ZOOM』で撮影してみました。いつも使ってる『FinePix A500』より接写ぜんぜんイケるじゃん。ヒロコをこのカメラで撮影できなかったのが悔やまれます。

代わりに、9/10に採卵した卵を撮影。孵化してない最後のタマゴ。最初に孵化した11匹と比べるのがコワイ・・・。

卵室幼虫の移動と、粘るヒロコ・・・産卵3個。 

最初の孵化のときにすでに幼虫が潜っていたのを発見したというのもあって、卵室タッパ内で孵化してもすぐに移転させず、同時期に採卵した他の幼虫の孵化を待ちます。

そういえば、私が確認した限りでは、幼虫は殻を破って出来てきてもすぐには潜らずしばらく土の上でダラダラ(?)してるんすよねー。殻を栄養素として吸収してるんでしょうか、それにしても長い間出てます。

早朝に孵化を確認できた幼虫が、深夜にまた覗いたところ、まだ土の上にいるなんてことはザラ。翌朝になると小山が出来ていて、潜ったのが分かるって感じです。自然界でこんなことしてたら食われますよねぇ・・・きっと。

さて、今回も、もうそろそろという感じになってきました。卵室タッパは浅くマットを敷いているので、あんまり放っておくわけにもいきません、別ケースに引越です。

卵室タッパの幼虫

※どれくらい放っておいたのか、10匹。結構しっかりしてます。

とりあえずの引越なので、とりあえず成虫がいなくなって空になった中プラケースを使うことにしました。ちなみに、このケースで先日まで生きていた成虫の雄は購入娘との縁を何度も挑戦させたんですが、確認できる限り一度も交尾を成功できなかったよう。
(雌の後ろ足に、生殖器を引っ掛けられて、自分から逃げ出したこともあります。余生は全く淋しいものでした)

卵室タッパの幼虫

※このスペースに10匹はきついかな。まあ、しばらくこれで。

ヒロコもまだ産んでくれてます、3個。さすがに疲れてきたかな?彼女は片足ギザギザの部分(名前わかりません)が、いつの間にかもげてました。こんなになってもまだ子孫を残そうと頑張るヒロコに、感動を覚えます。

コンスタントに産卵・・・6個! 

採卵の間隔を一週間くらい開けてみようと言っておきながら6日。やっぱり我慢できず、ブチまけちゃいました。

ヒロコと卵の記念撮影

※ヒロコと卵、記念撮影。こうやって埋まっていたわけではありません。

結果、卵6つ。

もうすぐ8月も終わり。そろそろ幼虫たちのために本格的な準備に取り掛からないとだめですね。

幼虫の孵化瞬間を観察&購入娘が産卵・・・4個! 

実家から両親が訪問したので、まあカブトムシのお話でもと、卵室タッパを空けてみたところ、また2匹生まれています。
しかも、まだ1匹は生まれたてのようで、頭が白い!

幼虫って、卵破ってから地中に潜るまでにどれくらいかかるんでしょうか?結構、長い間ボケーっとしてますよねー。これはやっぱり体調を整えてるんでしょうか。

まま、あまりずっと見てるのもよくないので、タッパをさっさと閉めておきました。

この日もホームセンターで資材ショッピング。
エサ木(SANKO)
ほか、マットもろもろ。

そんでそんで、購入娘(おそらく私が交尾中に無理やり割り箸で引き離したカブ)が、とうとう産卵してくれました!

元気そうなの3個+ダメそうなの1個。

が、それと同時に購入娘は☆されてしまいました。これって、やっぱり私が無謀なことしちゃったからでしょうか、ちょっと悔やまれます・・・。すでに先日、この卵の父親である小角雄と購入娘1匹が召されてます。

まあ何はともあれ、購入娘よ、貴女の子孫は何とか受け継ぐよ。
ゆっくり休んでくれ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。