スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロコと旦那(親分)の標本作り (後編)  

まず先に、標本を入れるための額を分解してみました。100円で購入したこの額縁、小柄のヒロコを入れるにはもってこい。色も大きさも結構気に入ってるんですが、親分を当ててみたら・・・あらら、入りません。

そんな大きな成虫には見えないんですけど、やはり角が邪魔しています。
仕方ないので、この額縁の使いようは標本が乾燥してからでも考える事にしますね。(残念)

さて、ラップ詰めの成虫を用意したら、昆虫標本を作ろう 甲虫(カブト・クワガタ)編を参考に始めてみます。

STEP1.【軟化】

死亡後、時間が経過してしまった甲虫は、硬直してしまっていて、形を整えようとすると足などが折れてしまいます。


って書いてあるけど、ラップに包んでおいたためかまだよく動きます。ダニが怖いのと匂うので洗いはしました。

(当初は4匹でしたけど、購入娘を洗っている最中にボロボロ崩れ、いやーな気分に。ちょっと反省です。同時期☆になった小角雄も触る気にはなれなかったので、この2匹は断念しました。)

STEP2.【整形】

針を刺す位置は人間で言う心臓くらいの位置。


うー・・・いくら死んでるとはいえ、ヒロコの体に針を刺すのはなんか勇気が要ります。殻が薄いのか、金づちも使わず簡単に通せましたけどね。
あと、まち針での展脚作業はやめました。もし形が気になったらあとで楊枝でも刺して適当に整えようと思ってますが、いい加減ですかね。

STEP3.【乾燥】

最後の詰めを誤るといままでの苦労が水の泡。最後まで気を抜かないようがんばりましょう!


額縁に入れたまま乾燥させてしまおうというズボラを企んでいたんですが、先述の通り、叶いそうもありません。
とりあえず予備で購入してあった木箱にコルク材を敷き、彼女と彼を刺して置きます。その周りには、両面テープで乾燥剤(シリカゲル)と防虫剤(ネオパラエース)を貼りました。

乾燥中の親分とヒロコ

※1ヶ月~数ヶ月放置してみますね。バラバラにならないことを祈って。

・・・

しかし洗いが甘かったのが、親分の体にダニの存在を確認。洗浄ということも考えたんですけど、また強く洗って購入娘のようになってしまうことを恐れた私。はて、どうしよう。

待てよ、標本自体は死んでるんだから、殺虫剤を噴霧して密閉してしまえばダニを駆除できるんじゃない?という安易な発想を思いつきました。

でもどのサイトを見ても、標本に殺虫剤を噴霧することなんて書いてません。ただ1つだけ、ゴキブリ実験室 標本作製というサイトに、

標本を作成する為、ゴキブリ達には死んでもらわなければなりません。
(中略)
手っ取り早く殺虫剤で、と言うことで市販の殺虫剤で死んでもらう事にしました。


とある。理由は違うけれども、標本したい昆虫に殺虫剤噴霧という行程は同じ。
また、殺虫剤(水性キンチョール)の有効成分ピレスロイド系フタルスリンとレスメトリンについてもちょっと検索してみました。

・フタルスリン
ノミ・ダニなどの関節・神経を麻庫させる働き。速効性でノックダウン用。ペット犬用のノミ取りシャンプーにも使われているようです。
・レスメトリン
致死効力の極めて大きいが残留性は低い。詳細は学術的なことなのであまりよくわかりません。国立医薬品食品衛生研究所のレスメトリン Resmethrinなど参考に。

まあどれを読んでも、死骸や物に対する影響は見つけられませんでした。だからと言って、標本に噴霧しても問題無いとも書いてません。いろいろ悩んだ挙句、結局噴霧しちゃいました。

カブトムシとクワガタムシのカブメさんにもコメントでご回答いただいたのにすみません(^^;

ちょっとこれで様子を見てみます。

仕上げのSTEP4は、いつぐらいになるでしょうかねー。



スポンサーサイト

ヒロコと旦那(親分)の標本作り (前編) 

実は成虫が昇天されるたびに、ラップで包んで飼育ケースの上に放置していたんです。息子と一緒にお墓でも作ろうと思って。

でも女房曰く、日中かなり匂っていると・・・。

うーむ、さすがに鼻を近づけるとラップをしても生臭い。今ごろ気付いたのかよって感じですけど、飼育してる本人は鈍感になってるんですよねー。

こりゃいかん!ヒロコの旦那とも約束(?)していた標本作りをしなければ。彼はこれまた女房から“親分”というあだ名をつけてもらってたんですが、書くの忘れてました。

(名前の由来は当然、貰ってきた3匹の中で最強だったから。旦那と言いながらも、幼虫達の父親であるかどうかは不明なので、今後は親分と呼びますね。まあ殆ど登場する場面はないです。)

ヒロコと親分、最後に3つほど産卵してくれた購入娘と小さい角雄の計4匹を標本にしようと思いますが、これは世代を繰り返しても、飼育第一世代であるご先祖様を敬い続けたいという願いが込められています。

とはいえ、標本作りってどーやるの??
昆虫ショップには最近カンタン昆虫標本セット

針や危険な薬を使わずカンタンに昆虫標本を作ることができます。従来の標本のように手足が硬直せず、昆虫のポーズが自由に動かせます。


ような商品もあるみたいだけど、なんかイメージしてるものと違います。

それに山形市少年自然の家 昆虫採集に、

博物館などでよく見かける標本のほとんどが乾燥標本です。
乾燥標本の製作は簡単で、「採集」「整形」「乾燥」「保存」の4つでできてます。
昆虫は乾燥させると硬くなり腐ることがないため、標本箱に並べるだけで保存のきく標本となります。
また、管理によっては、数百年以上も保存することができます。


・・・数百年も!ってところが凄いですけど、まあなんか簡単なツールで出来そうな気が。とりあえず、必要そうな材料を揃えてきました。

標本ツール

※購入したのは、御用達ホームセンターと100円ショップ。

■左上から順に
1.コルクシート
2.底の深い額縁2つ(立体アートが入ってますが外して使用)
3.木箱(本当はディスプレイケースです)
4.シリカゲル(乾燥剤)
5.まち針(展脚用・・・形を整えるための針ですね)
6.カラーピン(固定用に使用)
7.両面テープ
8.ネオパラエース(防虫用)

これで挑みたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。